FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者 第一話

人々の視線が一点の空間に立つ存在に集う。群れる者どもを誘う言の葉。空間を侵食していくのは論の融和。共有、共存、多数。甘味の虜になる盲者の乱雑な集いは熱を帯びて場を焦がす。

ただ、その熱の中で冷淡な瞳が二つ壇上に挙がり、恍惚と熱意に溢れる男を見据えていた。その瞳はやがて瞳が暗く落ちていく。周りに溶けるかのように、色調の同じ布で全身を覆い隠し、フードを深く、それでいて、不自然に思われないように、虚ろな空気を纏う。浮浪者。怠惰な者。

その男を視界に捉えた者はそういった考えを巡らせることもせず、ただ目の前に起こっている変革という流体金属のねばりつくような熱気に犯されているだけであった。

フードの男がゆったりと、それで居て確実に壇上の男に近づいていく。壇上の男は気付かない。その姿は眩しく、人々が酔うにはお誂え向きな出で立ち。

彼の眼には自分の言葉が民衆の心に届き、今まさに同志となる者たちを作りなしているという思いに浸っている。たかだか、一人の挙動。如何に高段より見下ろしていようとも、まして異質でもない気配に気づくはずもなかった。

刹那、フードの男が居る場所より右手数メートル先で女性の悲鳴が挙がった。

その場の熱気を切り裂く声に皆の視線が移り始める。その時にはフードの男は既に走っていた。5歩進めば己の握る刃の間合いに入る距離まで詰めた所で男達は目を合わせる。

咄嗟に身構えようと身体を動かす壇上の男にフードの男は左腕を伸ばし握っていた左手を伸ばす。

繰り出された曇り空のような暗く無慈悲な刃を先に尖らせる矢が壇上の男の胸を突く。その勢いと身体に異物が入って来た事の激痛よりも状況を把握していないがために、頭はどうしてを連呼する男の身体は言う事を聞かず、ただただ態勢を崩す。

その哀れな姿を晒す壇上の男にフードの男はとても滑らかな動きでもって右手に隠し持っていたナイフを喉に突き刺した。瞳孔の開いていく瞳が冷淡で無表情な顔を見つめていたのは一瞬で、フードの男はすぐに壇上を飛び降りる。

フードの男は先ほど、悲鳴の挙がった方角に走り、その場を目撃した視線はただ、その男が群衆に紛れて見えなくなるのを茫然と眺めているだけであった。

http://ncode.syosetu.com/n5956l/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説