FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者第四十二話

魔王と勇者と暗殺者第四十二話

遺跡の眼前は異様な光景が広がっていた。荒涼とした砂漠地帯が遠く彼方まで広がる遺跡周辺に集った者達はおよそ30名。

その全員が今、目の前にある光景を説明する事が出来なかった。

「な、なんだこれは。」

戦士の一人がそんな言葉を漏らした。

「俺達の着いた時にはこの有様だ。」

砂地には、小さなくぼみが無数に存在していたのである。決して深くはない。躓くかどうかの僅かなくぼみ。

だが、その存在が既に異常。

何故、風が吹いて砂を運ばない。その空間に。風が吹けどもそのくぼみに砂が入る事は無かった。

一人の戦士がそのくぼみを調べるために剣を入れてみるが、異常は見られない。意を決して、足を入れてみても何もない。

だが、砂はそこに入る事は無かった。

「一体、これは……。」

イーナも初めて見た現象であった。

「罠、はないよね?」

ハルカは呆気に取られながらも可能性の一つを言葉に出した。

関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説