FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者第四十話

魔王と勇者と暗殺者第四十話

「遺跡の外はあたしが担当する。内部は干渉できない。魔王のところはアイツ自身がどうやっているかは知らないけど許可しているから多少の干渉はできるけど、遺跡は完全に管轄外。」

そういいながら、封術士は遺跡近くまでカインをスキルで送っていた。

何でもありなスキルだな。とカインは呟いて見せたが実際に、彼女の使う能力はスキルというよりは魔法であったようだ。詳しくは言う事を拒んだが血統遺伝による継承が行われる。スキルも物によってはそうであるが、根を辿っていくとそれはスキルではないという。

その話に興味はあったが、カインにはするべきことが出来てしまったために今は目先に集中する事にした。

古代人の遺跡が魔族に解析され始めている。その事が事態を動かしていた。

魔王自ら現地に行く事はできないと聞かされたカインはまた、これも初めから行く事になっていたのだろう。という諦めのため息を吐き出しつつも今回の依頼の内容を確認している。

遺産の奪還か破壊。破壊で構わないと魔王は言っていた。が、封術士は遺産がほしいらしい。出来れば奪還だと念を押されていた。

一体、どういった物なのか。

関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説