FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者第三十九話

魔王と勇者と暗殺者第三十九話

その日、勇者たちは歴史を知った。

言葉も出ない。いや、大まかな説明であったために知りたい事は多かったのは確かにある。だが、それ以上に情報量が多すぎたのであった。理解し、汲み取るには時間を要する。

「本来ならば、これほど性急な情報の開放は行って来なかった。ここ数百年は。」

マスターの言葉は重く、また矢継ぎ早であった。ハルカ達は小休止を入れてもらい各個での理解を求められていた。

結果から言えば、ハルカ達は信じた。それは、カズヤやハルカがこの世界の人間ではないという土壌を全員で共有していたからかもしれない。

古い貴族体制が敷かれている環境で育ったイーナも理解を示したのが良い証拠である。それほど、ハルカを信頼し、マスターの話に信ぴょう性があったという事だろう。

だが、マスターが言ったように、ここまで性急に説明する必要がなかったのだ。

今はそれほど情勢が動いてきているということであり、その事を全員が察していた。

だからこそ依頼を受ける。今、ハルカ達にはようやくと言っていい。本来するべき事が明確に示された。

ある種、カズヤとハルカには良い方向へと向かう情報でもあった。

関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説