FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者 第三十七話

魔王と勇者と暗殺者 第三十七話

安寧の日々は終わりを迎える。

何がかが起こり、何かが始まる。

その中心には進むべき道に沿って男が向かう。

カインは向かう。ただただ。訳も知らず。何を託されたかも知らず。

「お前は、自分の役割がなんだと思っている?」

カインを射抜くような瞳がそこにはあった。妙齢の女性。肩の下まで伸びた栗色の髪色は滑らかに纏うように垂れていた。

似ている。と初対面で思った。だが、カインは口に出す事はしなかった。その無駄な配慮を無視するかのように。カインの目の前にいる女は言葉を紡ぎ出していた。

「まぁ、良いわ。まず、お前が思っている事の半分は正解している。その半分、アンナは私の血族の姿をしているわ。だけれど、あの姿は私ではない。私の娘の姿。それも幼少の頃の姿ね。」

「それを俺に話してどうなる。」

「お前が聞きたがっていたのだろう。」

「……」

「強情な奴だな。気に入らない。だが、良い眼をしている。お前は確かに適合者にて、選ばれた者よ。」

「勝手だな。」

「あぁ。勝手だ。たかだが殺し屋一匹。その勝手でどうなろうと世界は困らない。何も変わらない。だが、お前が動かねば世界は変わる。今度こそ。止まった時が動き出し、混沌へと世界を突き落とす。」

「何を言っている。」

「お前には魔王に会ってもらう。」

関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説