FC2ブログ
blogram投票ボタン

人間関係の愚痴

人間関係、実に難しい。
絶妙なラインというものがそこにはあると実感する。

ふとした拍子で壊れてしまうもので、私もそうなってしまった。
自分から手放す気でいるし、しばらくは一人で居たいという思いが強い。
なのに相手は、こういうときに限って距離を詰めてくる。

そういうのは嫌いだ。
だからこそ、気づく。自分自身がラインをコントロールしていただけだった。
つまり、相手に気を使いすぎていた。

そうして、生活に変化があり、人間的な変貌もあってか
コントロールを面倒だと思った。

それを自分勝手とみなされた。
事実であるという自覚がある。

自分のことで精一杯で、他人とのラインを制御する暇がない。
それに些細なことで衝突してイジメに発展されても困る。
だったら、寄り付かないで欲しい。
嫌いなら近寄らなければ良い。職場が同じというわけでもないのだから、
悪口などを言うために会う必要はない。

なぜ、一人になれないのか。
逆に精神が蝕まれる。
仕事が手につかない。集中できない。
悪影響ばかりだ。

付き合いきれない。
他人と交流する余裕がない。
今は、静かで孤独に、ゆったりと生きたいのだ。
貶し、蔑むだけの関係などいらない。
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説