FC2ブログ
blogram投票ボタン

十ノ一 壱

「一磨、生きて」

 夢はいつもその言葉によって終わりへと突き進んでいく。夢の中の暗がりは夜を指し示すものだが、やがては光りを発し世界を白く染めていく。
 一磨はそんな夢を良く見るようになったのは、六歳の頃からだった。

 物心が付いた頃から一磨は母と二人きりで生きてきた。一磨の住まう家はとても大きく、それはたいそう立派な家柄の子供だった。その家の中で、二人は生活していた。
 宛がわれた一間は広く何も置かれていない畳の世界。襖を開けて外を眺めれば、そこには手入れが成された綺麗な園が広がり、真剣な眼差しで庭師が働いている。

 一磨は真っ赤な林檎のようなほっぺを膨らませながら、への字の口を作り、そんな世界を作り出す壁の向こうに見えた青空に焦がれた。いつか、あの壁の向こうを母と共に歩きたい。幼い心にそう誓い、一磨は生きていた。

 そんな一磨が、ここはこんなにも小さな世界だと知ったのはいつの頃だろうか。人々は何故、こんなにも辛く当たるのかを考えるようになったのはいつからだったか。

 物心が付いた頃から一磨は母と二人きりだった。間違いではない。



http://ncode.syosetu.com/n5146s/

まったりと更新する予定。

一応、異世界物。
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説