FC2ブログ
blogram投票ボタン

小説短編 結末の迎え方

結末の迎え方

 お爺さんとお婆さんは小さいころからずっとずっと一緒に居ました。
田舎の山村でガキ大将だったお爺さんと、
いつも無口だけれどお爺さんにくっ付いていたお婆さん。
小さいころはお爺さんが何度もお婆さんをイジメては
泣かせてしまっていましたが、山村ではいつもの風景でした。

 本当はイジメているつもりのないお爺さんは、
困ったように右往左往としてしまい、
周りはまたかと笑いながらお爺さんを茶化しました。
怒ろうにも泣いているお婆さんのいる手前、
どうするべきか迷っているお爺さんに、
友達は謝るように声を挙げては帰り道を譲りました。

 二人きりのほうが謝りやすい、という建前ですが、
皆はこっそりと二人の後を見つからないようにつけていました。

 最初の内こそ双方とも一言たりとも語ろうとはせず、
ただただ真っ直ぐ帰り道を眺めているだけでしたが、
四度目ほどの頃合いにお爺さんが一言二言語りかけて、
お婆さんがこくりと頷いた事がありました。
それをしっかりと覗いていた友達が、
悪そうで楽しそうな笑顔を張り付けながら
その事を喋り散らかす翌日には、
真っ赤になって怒るお爺さんと
真っ赤で俯くお婆さんが喧騒の渦中に居りました。



http://ncode.syosetu.com/n0054s/

関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説