FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者 第三十四話

魔王と勇者と暗殺者 第三十四話

遺産をここまで強硬な手段をとってまで手に入れなければならない事態。それは、西にあるであろう魔界の王が動きを見せたのだという推察が出来た。

国家が勇者を擁立し、カインを監視したのも全てはその魔族を打倒するための行動であったからである。

カインはその事を頭に置きながら、行動している。既に村を離れ、単身で西へと渡るための準備を進めていた。

「ジル。夕食を持ってきました。」

窓は開け放たれており、そこからは滑らかな布の靡きと共にそよ風がベッドから上体を起こすジルと呼ばれた男を撫でた。短く切り揃えられた髪には白が目立ち、頬は痩せている。だが、その瞳に宿る生命の灯火だけは未だ衰えを知らず、食事を持ってきたカインを見据えて柔和な笑みへとその顔を変化させていた。

「何時も済まないね。ロイズ。」

「いえいえ。私の方こそ、浮浪者として徘徊していた身。短期であろうとこのような生活をさせていただき感謝しています。」

カインはロイズという名で生活していた。

関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説