FC2ブログ
blogram投票ボタン

冬に溶けた言葉

口語自由詩
叙情詩

もう昔の話でございます

露と消えた想いが飛散して
終ぞ伝えることすら叶わない

待ち続けて思い続けて
それでも言葉は喉の奥

出てきてはくれません
きっと貴方はここから居なくなるでしょう
ですが私はここに残ります

じっと待っていても良いですか
貴方を想っていても良いですか

言いたい言葉は牡丹雪のように溶けていく

気付けばいつも二人で話が弾む
他愛のものから愚痴を零しあう

そんな日常がずっと続けば良いなんて
後ろめたい願いばかりが過ぎって

降り積もる雪を運び出す
大きな貴方の背中を見つめるばかり

もう帰っては来ないと思います
それだけをつげて貴方は何処かへ往くのです
どんな言葉よりも辛かった悔しかった

あんなに言えた愚痴ですら出てきません

ずっと待っていても良いですか
貴方と共に行きたいと言えない私
背中見つめて流す涙を捨て去って

貴方を抱き締めて
共に行きますと言いたかった

もう昔の話でございます


http://ncode.syosetu.com/n9585q/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 詩・ことば
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説