FC2ブログ
blogram投票ボタン

短編小説 前と僕と後

短編小説 前と僕と後

 自分の行動を見直そう。そんな切欠なんてものは、大抵の出来事において運が悪いものだと、僕は感じている。そんな時に、神様なんて居るかどうかも判らない存在を恨んでしまう僕は、きっとそうした実像の無いものに有耶無耶ながら起こった物事を押し付けて、自分という体裁でも保っているのだろう。
 そんな変に哲学的な考えをしなければならないほど、僕は今置かれている状況に嫌気が差していた。とにかく、午後から大学の講義に参加するため、三年間通い慣れた、学生通りと言われる大学へ続く一本道を僕は駅からずっと歩いてきたはずだった。
 今も、視線を少し上に向ければ坂道の終着点が見え、小さくもはっきりと大学の門が開かれている。
 横を向けば、交通量の少ない自動車道が通りの真ん中を貫き、歩行者天国でもないのに、学生らしき若人達が、跋扈しているのを見る事が出来た。
 彼らは僕の置かれている状況を敬遠しながらも、好奇の色を隠そうともせずに見つめては去っていく。
「付き合ってるんです。私達」
 僕の斜め後ろへ勝手に陣取りながら、右腕を妙にぎこちなく握る一人の少女が言った。
 僕と少女の目の前には、スキンヘッドで目つきの悪い、如何にも不良だと言える風体をした男が居て、少女はそのスキンヘッドに向けて喋っていた。



http://ncode.syosetu.com/n0855q/1/

関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説