FC2ブログ
blogram投票ボタン

長編小説 山賊は悪党で 壱拾

長編小説 山賊は悪党で 壱拾

山賊のねぐらに二人の少女が肩を寄せ合って、獣の臭いが漂う布に包まりながら眠っている。
 既に日が高く昇っているものの、彼女達が目を覚まさないのは、夜のうちにディックがぐっすり眠れるようにと木の枝を集めて簡単な草木の壁を作ってあげていたからだった。その壁によって日の光は僅かな森の中でより一層僅かな木漏れ日となって降り注いでいる。
 風が優しく戦(そよ)ぐと草木の壁がざわざわと音を奏で、その隙間からヘレナの瞼を光が照らす。夢うつつだったヘレナはその光によって急速に覚醒していくが、危機感を持って目覚めたわけではなかった。
「んっ……」
 少々、獣臭いと訝しがりながらもいつものような日常が今日も始まったと言わんばかりに目を擦り、上半身を起こすと伸びをする。少女の行動は、歳相応ではあったがやはり貴族の息女を思わせる空気を身に付けているような優雅さを漂わせる。
 だが、ここでヘレナは自分が非日常に置かれている事に気付き始める。ここは、何処だろう。そう逡巡し、妹のクレアを探すと姿が見えない。これに、慌てて
「クレア!」と叫んで探し始めようと身体を起こす。
 しかし、草木の壁が唐突に揺らめくかと思えばそこから熊の顔が現れたのだ。これには、ヘレアも大声を挙げざるを得ない。
「きゃぁ!!」
 叫び声を挙げて座り込んでしまったヘレナに熊のディックは表情の変わらぬ顔で口を動かした。
「おはよう」
 あどけない声と挨拶に、ヘレナは昨日の出来事を走馬灯のように思い出していく。



http://ncode.syosetu.com/n7607p/10/

そろそろ事態が動いてくるはず。
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説