FC2ブログ
blogram投票ボタン

長編小説 山賊は悪党で 九

長編小説 山賊は悪党で 九

「ディックの事、残ってんだろ」
 ユーリやボーがいる焚き火に移動する途中で、ヴァルトは静かにヴォルフへと呟いた。
「――仲間の事を思ってか?」とヴォルフは言った。
 その顔は嘲笑に近い笑みが張り付いていた。
「なんだよ」
 ヴォルフの思わせぶりな言葉に訝しげに横を歩くヴォルフを見つめる。
「一度、じっくり考えてみろ」
「いつだって考えているぜ?」
 ヴォルフはじっと前を見据えていた。焚き火の周りにはダンとボー、そしてユーリが居る。
「お前の事も考えてやれ」
 ヴァルトのため息が一つ。
「爺臭い説教だな」
「年上の有り難い説法さ。心に刻んで置けよ」
そういって、ヴォルフはヴァルトの背中に手を回して軽く平手で打った。



http://ncode.syosetu.com/n7607p/9/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説