FC2ブログ
blogram投票ボタン

詩:コウモリ

コウモリを夕暮れに見つけて観察したんだ
弱弱しくも私の姿に這いずり逃げる
そっと触ってみようとも
雑菌持ちだから我慢しよう
日が嫌いなのか
日が眩しいのか
コウモリは私の小さい影に入ってくる
コウモリは私の靴に寄り添って
じっとじっと
私は立ち尽くした
木枯らしが吹き荒れる
秋の終わりを身に染み込ませ
太陽の沈む様を
家々の屋根から消える光に感じつつ
遠く聞こえる喧騒を
コウモリと二人で聞き入った
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説