FC2ブログ
blogram投票ボタン

詩:走れ

走れどこまでも
疲れてももう少しだけ
走るんだ
白い息が顔に張り付くように
やけに湿った風が
冬の訪れを告げる
向かい風でも
追い風でも
走っていこう
この風の中を
生まれ育ったこの街を
通いなれたこの道を
走って帰ろう
帰るべき場所へ
帰れるべき場所へ
走りながら
息を弾ませながら
走ろう
帰ろう
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説