FC2ブログ
blogram投票ボタン

詩:晩秋の帰郷

山々に囲まれたそこは箱庭だった
盆地に人々が家を建ててそこに住まう箱庭
遥か高みから箱庭を望む山だけが
風を運び人々に四季の移ろいを伝えた
吹き抜ける木枯らしに身を縮ませながら
今日も箱庭という故郷を彷徨い歩く
日が陰り身も心も冷え切ったら家に帰り
家族の団欒に落ち着くのだ
山はとうに雪化粧を始めて
箱庭にもその気配が迫る
やがては冬が訪れて雪が舞い踊れば
直に今年という年が終わりを迎えて
また新たな季節がこの箱庭に訪れる



http://ncode.syosetu.com/n9090o/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説