FC2ブログ
blogram投票ボタン

長編ファンタジー小説 魔王と勇者と暗殺者 第五十二話

長編ファンタジー小説 魔王と勇者と暗殺者 第五十二話

 空は、晴れているのか曇っているのか良く判らない色彩であった。曇り空に近いようで、しっかりとした光を持っている。目を凝らせば雲は流れ、それだけがゆったりとした時が流れていく様を表しているようであった。

 あてがわれた部屋はカズヤにとって、広すぎた。一人で部屋に居るなんて、王城以来かもしれない。 光に包まれて見えたのは薄暗い箱の中。そう思えた石造りの部屋。そこから、全てが始まっていた。邂逅。回想。それでも、どこか虚ろな過去。

 だからだろうか。

 ――でっかいシャンデリア。

 そんなことが呟かれた。

 天井には、蝋燭が十数本備え付けられたシャンデリアがまどろむような光を作り出している。腕木は曲がっていた。金属で作られ、それらに蝋燭が一本ずつ握られているようであった。

 カズヤはベッドに横たわり、じっと天井を見つめては寝返りをして視線を移動させる。そうして、また寝返りをする。ただ、それだけだった。

 今が何時かを判断するものが何もなかった。起きてからそれなりの時が流れた事は確かであった。だが、時の流れは判らずに、空すらも判断を鈍らせる。

 時の流れがゆっくりと動いているという錯覚に陥りそうなほどであったが、カズヤは横向けの顔を窓に向けてベランダの手すりをじっと見つめていた。

 ハルカとの戦い。あの時、自分は言い知れぬ何かに引っ張られるような感覚を持っていたとカズヤは自覚していた。それが何なのかもそれなりに知っているつもりでいる。それは、自分に与えられた力。考えて理解してしまうと、カズヤは途端に心細くなった。

 自分が自分でないような。ハルカの現状を見ているだけに、そのような怖さがあったのだ。

 そんな時に、カインが視界に入った。



http://ncode.syosetu.com/n5956l/52/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説