FC2ブログ
blogram投票ボタン

虫籠

http://ncode.syosetu.com/n6332m/

異臭が漂う一室の中で少年は夢を見る。
帰れないもう、あの日々に。その夢は何を描く。
眼を覚まし、朝食を食べる。散々と散らばる汚物の間を縫う様に。

ドアを叩く音が響く。煩いと思いながらも冷蔵庫から飲み物を。
流し込まれる琥珀色。どうして、普通で居られたのだろうか。
もう終わらない。始まりもしない。胸には君だけを秘めて。

開け放たれる扉に男の喧騒。椅子に座り、天井を眺めては、怒声に反応せず。
ただただ、時が流れるのを感じ取るだけ。それが全てで思いは伝わる。

拘束されて、輪を掛けて、少年は夢を見る。その歩む先にはまた日常が。
平気で過ごした日々に何の価値も見出せない。だから、変化を。

自分の想いをぶつけた。だから、だから、だから。

心臓は一突きで。苦しまずに。これは失敗だった。少年は過去を振り返る。
今度は絞殺。時間を掛けてじっくりと。汚物が問題だった。

壊れた日常。普通の日常。消えていった日常。始まる日常。
何故。どうして。こんな事。口は開けない。開かない。
死んだ。殺した。死んだ。殺した。
犯人は誰だ。犯人は少年で。犯人は別で。犯人は家族で。

もう、終わりにしよう。呟いた。だから、終わらせた。
何を。全て。時間を終わらせる。
どうしようか。迷ってしまった。それでも成し遂げて

会いたかった。嗚呼、会いたかった。
会いたかったよ。もう一度。もう一度。

愛した人。愛された人。穢れた人。穢された人。

虫籠の世界へようこそ。

嗚呼。外は良い天気だ。


関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説