FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者 第四十九話

長編ファンタジー小説 魔王と勇者と暗殺者 第四十九話

 二人は静かに対峙している。妙に張り詰めた緊張感も、初対面による気まずさもなかった。ただ、あるのは気だるい空気を隠そうともせずに、少女をみつめる男――カインの嫌そうに口をへの字に曲げているかのように軽く唇を突き出していた。眉間には皺が寄っている。

 対峙する少女、ハルカは無表情というよりも顔の筋肉が口を閉じさせる行為と瞼を開けている動作だけに集中しているかのように、変化がなかった。使い方が判らないようにも思えるほどであったが、そこには戸惑いというものは微塵も感じられなかった。

「ハルカ」

 カインは言葉を出した。少女の名であった。

「私はハルカであるけれど、昔のハルカではない」

 返って来た言葉に、カインは間を置いた。

 遺跡の破壊が終わり、勇者らは地上へと戻ってきた。ハルカはハルカで無くなるということが起こってしまった。

 カインは一先ず、このハルカに対して説明する事をから始める。戦う事を避けるためにも、この説明は大切であった。

「どの程度、記憶を残している」

 カインからすれば、予想はついている。それでも、形式上は聞いておきたかったのであった。

「私として存在した時から」

 案の定の回答に、さして驚く事もしなかったが、頭が痛むのか多少顔を顰めてしまっていた。

「……そうか。説明しておく。俺の名前はカインだ。一応、お前を護る役割を担う」

「護られるほど弱くは無い」

 その通りではある。今のハルカは魔力の鎧を纏い、物理攻撃も魔力攻撃も弾き返すことが可能だろうと言える。それほどの力を持つようになっていた。

「判っている。ただ、俺は護るという役割を演じるだけで、お前はそれを容認しているだけでいい」

「何故?」

 カインは、面倒くさそうに頭を掻いた。出来る事なら、今すぐにでも魔王のところへ持っていき、代わりに説明してもらいたいとで思っているようであった。

「頼まれたからだ。説明していく」

 カインは、疲労感が漂う身体に鞭打って、説明を始めていくカイン。その光景を、遠目で眺めているのはカズヤ一行であった。



http://ncode.syosetu.com/n5956l/49/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説