FC2ブログ
blogram投票ボタン

鉛が垂れている空
薄れていく時間
もう終わりだと告げる
想い出はあやふやで熱もなく
ただ冷ややかで身体を蝕んでいく

振り返っても伸びる影すら見えてこない
どんな道を歩んだのかすら浮かんでは来ない
ふと目を閉じてみても何かが淡く溶ける

冷たい外気の震え
世界が痺れを切らしたかのように
落とし始めたのは鉛の雪
無慈悲に降りかかる
埋めつくほどでもない
ゆらゆらと無言で降り続ける

いつの日からか
暖かさを失っていた
身体は熱を帯びているのに
寒かった
冷たかった

雪が降っているようだ
鉛の雪が降るような世界で
身体の中の冷たさをそう考えた
鋼のように冷たく
禍々しいほど鋭利な雪が降り積もる

深く深く
身体の中に降り積もる

http://ncode.syosetu.com/n1130n/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説