FC2ブログ
blogram投票ボタン

堕落<400文字>

堕落<400文字>

見えない背中
「あなたはどうしてそんなに必死なの?」
後ろから囁かれるその言葉が不確かな心という入れ物に入っていく
「うるさい」
消えることの無い頭痛がするほど嫌いな声
「ごめんなさい。けれど、辛そうなあなたを見ているのは本当に――」
「黙れよ!」
延々と囁かれる言葉に、いつしか甘えるようになってしまう
上っ面で拒んでも、自分の心というのものは正直だった
「わたしは、あなたを裏切らない。あなたを悲しませない。絶対に」
「なんで、そこまで俺に拘るんだ」
「わかるの。わたしはあなたの全てをわかってあげられるの」
吐息が耳元を撫でる気が確かにした
気付けば厭らしい鳥肌が襲ってくる
ピントのずれた視野が世界を変えてしまう
「わかるものかよ」
「わかるわ。大丈夫。大丈夫よ。信じて」
白い指先が肩に触れたように見えては空気になって溶けていく
「俺は――」
気持ちがいい
心地よい
「わたしを信じて」
肩の荷がほぅっと――降りた
「これで、いいんだ」


http://ncode.syosetu.com/n3698o/
関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説