FC2ブログ
blogram投票ボタン

魔王と勇者と暗殺者 第四十四話

長編小説 魔王と勇者と暗殺者第四十四話

「おい。落ち着け」

 護衛の槍使いが言葉をかける。

「でもさ。おかしいだろ」

「確かにな。だが、だからと言って急ぐ必要はない」

「味方だとは限らない。だろ?」

 カズヤはそう言いつつも走る足を止める気配はない。

 入る部屋、通る通路に散らばる化け物の死体。加えるならば、施設と思わしき装置が破壊されていた事も、カズヤが急ぐ原因でもあった。

 何より、先ほどの爆発音で拍車をかけた。

「判っているんだよ。それでもさ。もしって考えると」

 その言葉に、護衛の二人はカズヤの意志を尊重させる事を決めた。今まで、カズヤの心を考えて行動する事の多かった二人である。今回もまた、それを実行したまでであった。

「判ったよ。急ごう」

 だが、その心情の中でも変化は確実に起こっていた。カズヤ自身への放任を許容する動きである。

 護衛の二人はカズヤの感情の爆発を経験している。それは、力の暴走であったこともあれば、己の中で護っていた何かが壊れること恐れての凶行もあった。その経験があるからこそ、二人はほっとけないある種の保護欲に駆り立てられていた。

 それも、オーク討伐を経てカズヤは格段に精神の成長が起こった。訝しがったのは始めだけで、後はカズヤ自身の内面性に任せるという事になったのであった。

「サンキュ」

「ん。あぁ、気にするな」

「まぁ、俺らは護衛だからよ」

 その感謝の言葉に何処かむず痒さと共に、若干の寂しさを感じてしまった二人であった。


関連記事
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説