FC2ブログ
blogram投票ボタン

電子書籍市場の拡大 云々

電子書籍を知っている人は多いと思います。
近年では多くの電子書籍を扱うHPや企業が増えました。

ちなみに、電子書籍で最も読まれているコンテンツは漫画だそうです。
それに拮抗する形で小説類があるようです。

やはり、二つに共通するのは好きな時に手軽に読める事でしょうかね


LOVE-LABEL

小説、エッセイ、Howto本、画集などを出版する総合的電子書籍出版サイト



電子書店パピレス

日本最大の電子書籍販売サイト



一般的に、電子書籍はこのようなHPで販売されているケースが殆どです。

電子書籍の国内市場規模、5年後には2.8倍に


電子書籍市場は徐々に、上昇傾向が見込まれています。それを後押ししているのは、電子書籍を扱える携帯機器の出現とそういった市場形成にあります。

つまり、電子書籍市場の広がり=携帯端末コンテンツの充実を意味しています。
ケータイ電話による電子書籍またはネット小説閲覧は非常に膨大です。

現在では、勢いは下火になっておりますが、それは出版関連全体も同じ事で、閲覧される回数などからすれば、未だにケータイコンテンツは強い事が判ります。

2009年度の国内電子書籍市場規模は630億円といわれているので市場規模は大きく、さらに拡大する可能性が高い。

こういった電子書籍市場に、現在多くの企業が参入しております。
電子書籍化自体は非常に、容易に行う事が出来るので、参入障壁は非常に低いと考えられますので、今後大手も参入してくる事が予想されます。
近い将来には確実に市場規模1000億円を超えます。

電子書籍を購入する人における平均使用金額はやはり千円前後が一番多いようです。
理由としては、収納する場所に困る必要が無いですし、片手で好きなときに読むことができるという利便性から購入する人が圧倒的に多いです。

ケータイコンテンツで圧倒的なシェアを取っていた電子書籍はBL(ボーイズラブ)とTL(ティーンズラブ)である。

今後、さらなる市場拡大が見込まれているならば、こういったコンテンツ以外のシェア拡大が急務になってくる事でしょう。
ここに、上記のような大手企業が参入する場合には人気作家の電子書籍などが出回り始めることが予想されるので、コンテンツ内や配信企業同士の自然淘汰。まぁ、潰しあいが始まるでしょう。

とにかく、今後、拡大が見込まれる市場には有名企業の電子書籍閲覧可能な機器が入ってきます。
これに付随するかのように、幅広い年齢層が電子書籍市場に入ってくるでしょう。

この時、多くのジャンルを確立できていなければ、日本の電子書籍市場は縮小及び、飽和するだけに終わってしまう気もします。

ですが、逆にこの電子書籍市場拡大は新たなる出版体系を作りなす可能性も多分に含まれているはずですので、
積極的に、出版社。ならびに読者の方々は利用してほしいと思います。

もしかするならば、漫画市場が強い電子コンテンツではあるが
今後、文学作品が登場し、若者の層にBLやTLではない小説作品が浸透していき、平均読書時間の向上や、若い書き手を、広く世に出してあげる機会も増えていくのではないでしょうか。

そうした電子コンテンツに紙媒体企業も参入し、取り入れるような市場形成が望ましい気もします。

電子コンテンツならば、英語の小説も和訳で自動朗読してくれる機能があってイヤホンで聞きながら小説を楽しめるとか。
ドラマCD的なコンテンツ配信も可能な気がします。

まだまだ成長が期待できる市場ですので、書き手も読み手も調べてみる価値は十二分にあると思います。
大抵、電子書籍は低価格、もしくは無料で書籍化できたはずですので、気軽とは言えば気軽化と思います。

ですが、こうした急成長市場には必ずといって良いほど悪党企業が参入します。
またネットという事でフィッシング詐欺やキーロガー。不正アクセスなどの犯罪被害に会う可能性が高くなります。

PC、ケータイ。ともに、インターネット犯罪の危険性を考慮して対策を練る事が大切です。

私は、最近不正アクセスで電子マネーバンクに侵入されてしまいました。
皆様もお気をつけてください。

スポンサーサイト



駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説