FC2ブログ
blogram投票ボタン

長編小説 山賊は悪党で 四

長編小説 山賊は悪党で 四

 ニールの町には、三つの酒屋があって人々に旨い酒と、酔っていれば味などどうでも良くなる料理を提供しているが、酒屋の規模からして「バッカスの欠伸」というなんとも変な名前の店が酒屋として一番大きく、酒屋を表す樽の看板にはその名が律儀に刻まれていた。
 どうやら、主人の名前がバッカスで仕事中にも欠伸を良くするので、途中から看板に刻んだという話を、店内で騒ぐ野郎が叫んでいたのを、ヴァルトは小耳に挟んでいた。どうでも良かったが、少なくとも目の前で馬鹿騒ぎをしているユーリよりは有益な話だと思っていた。
「うめぇ、やっぱ酒はビールに限るぜ!!」
「出会った当初は葡萄酒以外は飲まないなんて言ってた餓鬼が」
 ヴァルトが面倒くさそうにそう呟く。
 以前は酒に弱い癖に、酒が好きなユーリを諌める事もしていたヴァルトだったが、注意すると余計に煩くなり、他の客に迷惑が掛かる上に、ヴァルト達の顔すら覚えられてしまう危険があったので、今はほどほどにしている。
「慣れって言うものは、こうも簡単に人を変えるとはね。怖いものだ」
 その様子に、ヴォルフも苦笑いを浮かべるしか出来ない。
 彼も、ビールを木のコップで呷っているが、ユーリとは煩さと態度が雲泥の差であった。
 ボーに至っては、完全に居ないものと。いや、他人の振りをしているようにも見えるほど気にすらしていない。
「ヴァルトさん。聞きました?」
 そんなボーがヴァルトに話題を振る。
 突然の話題だったが、ヴァルトからすれば、ユーリの姿を見ているより時間の有効活用になるだろうと思って顔を寄せる。
「なんだボー? ダンがそろそろ性欲を持て余して襲い掛かってきそうな目でも向けていたのか?」
「なんですか、それ。そもそも『聞きましたか?』って言っているのに……とにかく、このニールの町に温泉があるでしょ?」
 ヴァルトの軽口に露骨なほど顔を歪めながらも話を続けていくボーであったが、ヴァルトは温泉と聞くと大声を挙げた。
「あるな。今日は入りに行くか!」
「流石お頭、良い事言うぜ!!」
 食い付くユーリに、口元を少し痙攣させるとボーは怒り付ける。
「ヴァルトさん! ユーリ!」


http://ncode.syosetu.com/n7607p/4/
駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 自作連載ファンタジー小説
ジャンル : 小説・文学

長編小説 山賊は悪党で 参

長編小説 山賊は悪党で 参

 ニールの町は温泉が湧き出る町として、温泉を目的に来る人の往来がそれなりにある。
 温泉は塩分を多く含み非常にしょっぱく、その温泉から塩を生産する事が出来るので山塩として売り出し密かな特産となっており、酔狂ながらその山塩と呼ばれる生産量が少ない珍しい塩があると聞いて訪れる商人も混じっている。
 丘陵地に突然、森が消える土地にニールの町は佇み、その横にはなだらかな川が流れている。その川と寄り添うように、街道が町と町を繋いでいた。


 その日、ニールの町にはある噂が広まっていた。他の町から来たという商人の話なのだが、その話の半分は信用して、半分は誰からも信用されなかった。前者は、狼の群れに襲われた事で、これを聞いた商人は早々に領主へ報告し、狼用の罠と狩人の組合(ギルド)に駆除の依頼を要請している。
 後者は、山賊が商人を護ってくれたという事だ。この話を聞いた人々は皆、「面白い話だ」。と言って笑っていくか、怪訝な顔を浮かべるだけだったが、それも仕方が無いと、話した本人は思っている。
 ザックスは喧騒に紛れるかのように、温泉の湯に浸かり――熱い。と感じつつ、すぐに身体の芯まで暖かくなっていく感覚に恍惚とした表情を浮かべて、目を閉じる。
 山賊という賊徒の認識は本当に、人として底辺に位置し誰もが山賊の噂話を信じない。
 ザックスは思う。きっと笑った人も、怪訝な顔をした人も、あれは当事者で無かった場合の自分自身の姿で顔だと。
 だから、ザックスは特に信じてもらおうとはしていなかった。けれども、話したくて仕方が無かった。そう思えるほど奇妙で印象深い出会いだったと振り返る。
 思わず、その事をニールの町を治める領主との面会で話し込んでしまったが、領主は意外にも面白い話だと笑い飛ばし、会って見たいと言った事を思い出して顔を綻ばせた。
 酔狂な人は何処にでも居るものだ。
「良い湯だ……疲れが、取れる」
 気の抜けた男の声が湯気と共に、空へ消えていった。



http://ncode.syosetu.com/n7607p/3/ 駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

小説:山賊は悪党で一話

長編小説:山賊は悪党で

元山賊の団長で、現在は隠居気味のヴォルフ。
家出息子のユーリ。浮浪者でスリだったボー。暗殺者の疑いを持たれるダン。
獣人で人に変身できないディック。そして、この五人を束ねる山賊の頭のヴァルト。
強請り集りに人殺しと何でもありな山賊達は今日も今日とて山賊家業に精を出して流浪を続ける。
そんな流浪の途中に立ち寄ったニールの町で領主の双子を助け出してしまい厄介に巻き込まれて――
悪党にも悪党なりの矜持がある。山賊は厄介の渦中でもがき、そして生きるために戦っていく。

続きを読む

駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

電子書籍市場の拡大 云々

電子書籍を知っている人は多いと思います。
近年では多くの電子書籍を扱うHPや企業が増えました。

ちなみに、電子書籍で最も読まれているコンテンツは漫画だそうです。
それに拮抗する形で小説類があるようです。

やはり、二つに共通するのは好きな時に手軽に読める事でしょうかね


LOVE-LABEL

小説、エッセイ、Howto本、画集などを出版する総合的電子書籍出版サイト



電子書店パピレス

日本最大の電子書籍販売サイト



一般的に、電子書籍はこのようなHPで販売されているケースが殆どです。

電子書籍の国内市場規模、5年後には2.8倍に


電子書籍市場は徐々に、上昇傾向が見込まれています。それを後押ししているのは、電子書籍を扱える携帯機器の出現とそういった市場形成にあります。

つまり、電子書籍市場の広がり=携帯端末コンテンツの充実を意味しています。
ケータイ電話による電子書籍またはネット小説閲覧は非常に膨大です。

現在では、勢いは下火になっておりますが、それは出版関連全体も同じ事で、閲覧される回数などからすれば、未だにケータイコンテンツは強い事が判ります。

2009年度の国内電子書籍市場規模は630億円といわれているので市場規模は大きく、さらに拡大する可能性が高い。

こういった電子書籍市場に、現在多くの企業が参入しております。
電子書籍化自体は非常に、容易に行う事が出来るので、参入障壁は非常に低いと考えられますので、今後大手も参入してくる事が予想されます。
近い将来には確実に市場規模1000億円を超えます。

電子書籍を購入する人における平均使用金額はやはり千円前後が一番多いようです。
理由としては、収納する場所に困る必要が無いですし、片手で好きなときに読むことができるという利便性から購入する人が圧倒的に多いです。

ケータイコンテンツで圧倒的なシェアを取っていた電子書籍はBL(ボーイズラブ)とTL(ティーンズラブ)である。

今後、さらなる市場拡大が見込まれているならば、こういったコンテンツ以外のシェア拡大が急務になってくる事でしょう。
ここに、上記のような大手企業が参入する場合には人気作家の電子書籍などが出回り始めることが予想されるので、コンテンツ内や配信企業同士の自然淘汰。まぁ、潰しあいが始まるでしょう。

とにかく、今後、拡大が見込まれる市場には有名企業の電子書籍閲覧可能な機器が入ってきます。
これに付随するかのように、幅広い年齢層が電子書籍市場に入ってくるでしょう。

この時、多くのジャンルを確立できていなければ、日本の電子書籍市場は縮小及び、飽和するだけに終わってしまう気もします。

ですが、逆にこの電子書籍市場拡大は新たなる出版体系を作りなす可能性も多分に含まれているはずですので、
積極的に、出版社。ならびに読者の方々は利用してほしいと思います。

もしかするならば、漫画市場が強い電子コンテンツではあるが
今後、文学作品が登場し、若者の層にBLやTLではない小説作品が浸透していき、平均読書時間の向上や、若い書き手を、広く世に出してあげる機会も増えていくのではないでしょうか。

そうした電子コンテンツに紙媒体企業も参入し、取り入れるような市場形成が望ましい気もします。

電子コンテンツならば、英語の小説も和訳で自動朗読してくれる機能があってイヤホンで聞きながら小説を楽しめるとか。
ドラマCD的なコンテンツ配信も可能な気がします。

まだまだ成長が期待できる市場ですので、書き手も読み手も調べてみる価値は十二分にあると思います。
大抵、電子書籍は低価格、もしくは無料で書籍化できたはずですので、気軽とは言えば気軽化と思います。

ですが、こうした急成長市場には必ずといって良いほど悪党企業が参入します。
またネットという事でフィッシング詐欺やキーロガー。不正アクセスなどの犯罪被害に会う可能性が高くなります。

PC、ケータイ。ともに、インターネット犯罪の危険性を考慮して対策を練る事が大切です。

私は、最近不正アクセスで電子マネーバンクに侵入されてしまいました。
皆様もお気をつけてください。

駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

200文字

http://ncode.syosetu.com/n6186p/

ニャオと猫が鳴く。
ワンと犬が鳴く。

猫は母のように気紛れで神経質だった。
犬は父のように従順かつ序列を気にしている。

犬はお店で買った。
猫は拾って飼い始めた。

最初は犬が元気に遊びまわり、猫にちょっかいを掛ける。
猫は元気な犬に怯えながら、私を見つめて助けを求めるようにニャオと鳴く。
割って入れば不満そうに犬がワンと鳴く。

半年、一年と仲良くなる犬と猫を見ていると
どうして私は一人になったかに、ふと気付かされる。

駄文同盟 にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ bnr.gif image113.gif 小説・詩
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

achtundachtzig

Author:achtundachtzig
文章を書く事が好きなので、小説や詩。その他日記等を掲載していけたら良いなと思っております。小説投稿サイトで小説を投稿しております。上記リンクより宜しければ見てください。

リンクはご自由にどうぞ。相互も宜しければご相談を。
基本的に片道ですけど、リンクは増えていく予定。

ツイッターのログ
http://twilog.org/achtundachtzig

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

-天気予報コム- -FC2-
SEO対策:小説